4/28 さくら劇場(セーラー女子団)

 4月28日、一時的に出社しつつも休みは休み。前々から気にはなっていた「セーラー女子団」の拠点となる常設劇場「さくら劇場」へ、ついに行ってきました。ススキノの南4西2ビル地下に4月11日にオープンして2週間ちょっとという頃です。比較的暖かい日が続き、札幌は桜が咲き始めていました。

003 004

009

 懸命さが伝わる手書きのボード(写真ぶれちゃった)。いいですね。

 公演の内容についてはあえて事前に知識を頭に入れないで驚きを楽しみたいと思っていて、全く何も分からない状態で入場しました。Twitterで連絡をくださっていた正太郎さんに会い、自動販売機でのチケットの購入方法から教えていただきました。さすがに何も分からずにまごついてしまいそうだったので助かりました。ありがとうございました。

 前日の水曜日に急遽行われた半額公演(通常2,000円のところ1,000円で入場出来た)では大勢の集客があったそうですが、GW前の平日であった28日は約10名ほどの入りでした。

007

 ポイントカードを作って特典を設け、足を運ぶ人を増やそうという考えは大事ですね。立ち上げ時期はがむしゃらに何でもやった方がいいんですよね。運営のやる気も伝わります。

 基本的に撮影禁止です。

005

 開演前には舞台上のモニタでメンバーのプロモーションビデオ(YouTubeで公開されている)が流れ、初めて公演を観る私のような者にも彼女らの置かれた世界観が伝わってくる演出になっていました。

 公演の内容自体をあれこれ記すのは控えますが、総じて楽しかったです。全編オリジナル曲で繰り広げられる世界とその中で何かを創りあげたい女のコたちのせめぎあいを感じました。まさにこれからの可能性が大いにある空間だなあと思いましたよ。ビジュアル的にも可愛らしいお顔立ちのコばかりですね。フロントメンバーの他にも候補生たちが控えているようで客と共に走りながら物語を紡いでゆく力はあるなあと感じましたよ。

 惜しいのは、公演中盤に黒いセーラーを着たコのみで歌ういい感じの曲があったのですが全員キーがずれていたところ。初めて接した私が聞くに耐えないなあと思ったほどですから運営陣やメンバーの皆さんはとっくに気付いているのでしょうけれど、与えられた楽曲とのミスマッチを解消する方法は無いのでしょうか? 次回観る時にはこの曲の歌い方がどうなっているか改めて確認してみたいところです。

008

 物販はメンバー横並びで、自販機で購入したチケットを気に入ったメンバーの元へ持って行くスタイル。メンバー間相互の距離をもう少し離すと、シャイな客はお目当てのコのところへもっと気易く行けるように思いましたよ。まぁ、僕のことですハイ。

 チェキ500円。1,000円とか1,500円ってのが相場であるかのようにここ数年慣らされていたので、ことさらお得に感じました。まずは公演を観ながらビジュアル的に気になっていた、要するに、私好みのお顔立ちでいらっしゃるところの久保田れなさん(4番)と話してみたくてチェキを撮りましたよ。

017

 公演中のクールな感じとは異なり、話してみれば気さくで人懐っこい感じで、そのギャップがいいですねえ。また会いたくなっちゃいますね。

 バーカウンターで常時販売しているグッズからもCDを買ってみましたよ。家でちょこちょこ聴いてます。

013

 リンクは貼りませんが、少し検索してみると久保田さんはこれまでにも芸能関連の活動を行っていたようですね。可愛らしい雰囲気で写真のモデルになっているサイトやYouTubeでは歌う映像があったりしたのを拝見しました。きっと今の活動を通して自身の可能性に賭ける想いを強く持っておられるのだろうなあ、と感じましたよ。応援していきたいものです。

【5月5日記す】

 当初ここに書いた、久保田さんに似ていて姉妹ではないかと思ったお方については私の勘違いでした。5日に公演を観に行った際物販時に彼女から明言されました。よって該当箇所を削除します。誤った推測をいたし、お二人に対しまして誠に失礼いたしました。

 5日公演でのMCの中で妹さんがいると話していらっしゃいましたが具体的にどなたなのか訊いてしまうのはヤボ過ぎますので、いずれ分かることを期待して今はこれ以上触れないようにしようと思います。

 ちなみにDDながらせめて”いちユニット1人推し”は守ろうと思い、その原則を自分に課しております。彼女以外に興味を持ったら”箱推し”に移行ですな。

 …と書いておきながら白いセーラー服の方々のリーダーである愛川ひかりさん(1番)ともチェキ撮っちゃった。個性の強そうなメンバーをまとめていくのは色々と苦労も絶えないことでしょう。少し話して、相当に頑張っているのだろうなと思いました。

018

 公演後は正太郎さんや公演常連のはっし~さんと一緒に、食事を摂りつつ感想戦。楽しいひと時でした。ありがとうございます。

012

 いつしか雨の降りだしたススキノ。楽しい時間はあっという間に過ぎちゃうなあ。