3/5 Time of Thief vol.7 at ISSO

 3月5日。業務繁忙につき休みを飛ばしていた私。仕事はエンドレスですが調整に成功し、この日の代休をゲット。札幌へ向かいました。

 夜は、6時30分スタートの「Time of Thief(時間泥棒)」vol.7を観に行きました。場所は南3西6長栄ビル4Fの Cafe & Bar ISSO。Time of Thiefはグッナイ小形さんが主催するライブイベントでしたが、彼が北海道を離れたため久保田れなさんが主催を引き継いだものです。

 ISSO。私は初めて入るお店。照明や調度に工夫があって、落ち着く雰囲気の店内だなあという印象です。演者と観客が程よい近さで音楽を楽しめる空間。約4時間にわたり、心地良い時間を過ごしました。キーマカレー(800円)とっても美味しかったです。また食べたい。

 使用したカメラとレンズは、GX7mk2 + SIGMA 30mm F1.4 DC DN。一部(前4枚、後1枚)にiPhone6s plus。明かりが控えめな場所での撮影にF値の小さなレンズは手放せませんね。ISO3200ほどで安定して撮れました。メカシャッターは割と静かなんですが、万全を期すために電子シャッターにしました。ほぼ無音。激しい動きがあるわけではないと踏んでのこと。シャシャッと素早く動かれたら、目も当てられないことになっていたことでしょう。

・岩渕ちえりさん

 高校卒業おめでとうございます。ラストJKのラストのラスト時期。独特の、繊細で伸びやかな歌声を聴かせてくださいました。

・詩乃心さん

 テンポの良い曲が耳に心地良かったです。

・鈴木悠治さん

 一聴の価値ある匠の技を次々と見せてくださいました。ソロギターでの戦メリは、震えて聴きました。

・青木務さん

 ベース一本で奏でられるメロディがこんなにも豊かだったとは!

・久保田れなさん

 青木務さんと鈴木悠治さんがベースとギターで生演奏。なんとも贅沢なカバー曲の数々でした。Aimerの曲も3曲歌ってくれて、とっても嬉しかったです。あの難しい曲たちを歌いこなす彼女はすごいなあ。彼女なりの解釈で表現をしていて、聴きながら歌の情景が見えてくるんですよ。自分が好きな人だからバイアスが掛かっているのは否定しませんが、歌い手として大きな可能性をれなさんは持っている、と素直に思っています。

 撮影会の時とはまた異なる表情をたくさん見ることが出来て嬉しゅうございました。

(とは言え、暖かい季節になったらまたお外でお写真撮りたいものです!)

・納豆ぺろぺろさん

 ラストは、納豆ぺろぺろさん、こと、このイベントを始めたグッナイ小形さん。引き継いだはずなのに来ちゃった感じが面白かったです。北海道を離れての暮らしは寂しいこともあるでしょうけれど、きっといい経験をいっぱいなさることでしょう。また彼のステージを見ることもあるでしょう。

 僕の高校時代からの友人に、醸し出す雰囲気が小形氏にそっくりな男がおりまして彼のことを思い出していました。久しく会ってないけれど元気かな。

 素晴らしい仲間たちと、上質な音楽空間を作り続けていこうとするれなさんの姿勢に感服します。観る機会が得られて本当に良かった。何かしらあたたかい気持ちになりました。

 最後、記念撮影の横で勝手に撮っていたら皆さんこちらを向いてくださりました。ありがとうございます。