4Kテレビを購入した話

 これまで使っていたテレビは32v型のSONY「KDL-32EX700」。購入当時、フルハイビジョンテレビとしては最小サイズと言える製品でした。2010年に買ってからほぼ7年にわたってクリアな映像を見せてくれました。ありがとう。映りそのものに不安はないけど、よりウルトラハイにキレイな4K対応テレビが欲しくなったのです。3月10日をもちまして、僕のわがままで買い替えです。己の欲望に正直に生きる2017年です。

 長らく検討は重ねていて、同じSONYの8300D(2016年の製品)にしようと思っていました。43vか49vで迷っていましたが、販売店で、ボクの両腕を伸ばして抱えられる最大幅であるところの49vにしました。43vだとすぐにサイズが物足りなくなって、悶々としながら数年間を過ごすことになりそうでもあったし。

 購入したのは「KJ-49X8300D」。4K HDR対応です。手持ちの機材では未だ活かせませんが、いずれ。テレビそのものとしては、スカパーの4Kコンテンツを見ることが出来ます。なので「4K対応テレビ」、ではなくて「4Kテレビ」と称するのが正しいようです。いつか、地上波で4K放送を観ることが出来て録画も出来る…なんて日が来ることはあるのでしょうかねえ。

 価格については、ポイントの差し引きで見ると札幌のYカメラで買うのも地元のY電機で買うのもほとんど変わらない状況でした。かつ、10日は担当業務がある中での代休だったために、万が一に備えて苫小牧を離れたくなかった。それで、私にしては珍しくY電機での大型家電購入となりました。あっそうだ、Kデンキ。…すっかり忘れてました。

 Y電機の店員さんには、ウェブサイトでの価格を示して同様の価格にしてもらえたことと、決算期セールの一環としてなのかポイントが数千円分多く付いたことで満足出来る対応をしていただいたこと、感謝しています。ただ、20年前のアナログハイビジョンTV(重かった!)を持ち込んで買い取りしてもらおうと目論んだところ、2009年以降のものじゃないと請け負えないとのことでリサイクル料が掛かる始末。チラシに年度制限書いてあったかなあ? ま、いっか。これまで使っていたテレビを置く場所を捻出するため廃棄の必要があったのです。掛かった費用分をポイントで相殺したと思えば良いかと、ポジティブに捉え直して納得。

 販売店から車に積んで持ち帰り、自分で台座など組もうと思っていたのです。49v型を一人で持てるかな、と一瞬心配がよぎりましたが、梱包のダンボール両側の切り欠きに手を回すことが出来たので可搬性が良くホッとしました。CR-Vの後部座席にはギリギリで入るサイズでした。

 設置にはこれまで使っていたTV台を使用。あらかじめ新しいテレビの台座フレームのサイズは把握しており、十分に置ける広さがあることは分かっていました。今のところはこのまま。

 設置を終えて諸々整え、周辺機器を接続し、映り具合を見ました。この時間が至福なのよ。

 

 優秀なアップコンバータが搭載されていますね。地デジもBSも綺麗。DVDは荒さを感じます。BDでも、SD画質をアプコンで持ち上げているものについては荒いというかぼんやり気味の映像品質でした。ま、これは仕方がないこと。

 いずれ、Ultra HDプレイヤーや最新スペックのAVアンプなど揃えて、もっともっと視聴環境を整えたいなと思っております。

(↑その時は設定を替えないとね!)

 以下、購入直後の所感です。

 アニメ。綺麗に観ることが出来ます。ああ、ほれぼれ。画質モードは、明るくて見易い「ダイナミック」に固定しました。「アニメ」だと私の目には暗く見えてしまうのです。

    

 THE世界遺産4K~ハイビジョン版~。4Kにアップコンバートされた(元に戻された?)映像は精細で綺麗。録画を残しておいたのはひとえにこの確認をしたかったから。

  

 PS3。画質がいいんでしょうね。テレビのアプコンが機能しているかは分かりませんが、とてもキレイ。クリア。遊びたいタイトルが出るまで、焦ってPS4やPS4 Proを買う必要は私には無いのではないかな。

 ちなみにWiiUも問題なく使えましたが、これまでの主用途はゲームよりもYouTubeの視聴でした。新しいテレビには音声検索が便利なYouTubeがAndroidアプリとして付いています。今までで最も簡単に視聴出来るこの環境。WiiUの出番はほとんどなさそうです。引退も近いな。

 実はまだVHS機を大切に持っております。新しいテレビにもコンポジット端子で簡単に接続出来ました。思ってたよりも映像が見易いのはアップコンバート機能のおかげなのでしょう。過去の記録をいつでも見ることの出来る環境を保っておきたい、という贅沢な思いは今も維持出来ております。ありがたいこと。

 写真のデータをUSBメモリに入れて、簡単にテレビに映すことが出来ます。4Kよりも大きなサイズで撮った写真のデータを見ると、実にキレイ。それをiPhoneで撮っても伝えきれないのですが、ひとまず載せます。本当にきれいでまじまじと見てしまいます。

 (写っているのは久保田れなさん。過去の撮影会での写真です)

 ひとまずこんなところです。これから、何かしら素晴らしい性能を発見出来ればいいな。楽しみ!