7/30 Time of Thief at ISSO

 7月30日。南3西6長栄ビル4Fの Cafe & Bar ISSOへ、ほぼ5ヶ月ぶりに行ってきました。久保田れなさん企画の「時間泥棒」を観に。れなさんに会いに。

 れなさん作のスコーン。他にも手作りお菓子やチーズおつまみなどいっぱい考えてくれたんだなあと思える品々でした。いつもながらに、どれも非常に美味しかったです。

 夏祭りの雰囲気を出そう、という企画に合わせてお店のフードはたこ焼き。お店の方が焼いてくださっていました。これが絶妙な焼け具合で、中はふんわりしていてとっても美味しかったんですよ。つい2皿いただいてしまいました。また食べたいなぁ。

 夏の宵は窓の外もほんのり明るい午後7時。ステージは吉田吉さんから始まります。他の演者さんたちにはケイタさんって呼ばれていたような気もするけど、ま、いっか。髪型やTシャツの感じに郷愁を感じました。Tシャツには1970ってあるし、昭和の路地裏から抜け出てきたような雰囲気の方だったなあ。この後下駄履いて銭湯に行きそうな、人懐っこそうな笑顔の方でした。曲は井上陽水のカバーが中心。ギターのサポートに鈴木悠治さん。安心。

 

 GX7mk2にSIGMA 60mm/F2.8を付けてみたらちょっと近すぎました。レンズをSIGMA 30mm/F1.4に交換。明るさにも余裕が出ました。一灯の白熱灯が独特の雰囲気を醸し出す店内です。

—–

 次はナガイケンタロウさん。公式サイトを拝見すると、2004年から音楽活動を行っているベテラン。普段はサラリーマンとしてWebデザイナーをなさっているそうです。

 とてもやさしい声で、胸に迫る歌をうたってくださいました。物販で2015年発売のベストアルバムを買いました。じっくり聴かせていただいております。

 ちなみに、ナガイさんとは全く関係ないんですが、前に編集者をしていた時のデスクに背格好も顔も雰囲気がそっくりでびっくりしたんですよ。Sさん元気にしているだろうか…。

—–

 三番手は久保田れなさん。ギターのサポートはこちらも鈴木悠治さん。

 「たばこ」も「六等星の夜」もしみじみ聴きました。今回も心に沁みる歌を間近で聴けてしあわせです。嬉しいひと時でした。

—–

 本編終了後は、吉田さん、ナガイさんも加わってのセッション。「星のかけらを探しに行こう」で贅沢な生演奏と歌声を間近で聴きました。とてもすてきでした。

—–

 スペシャルなセッションの後はビルの屋上にみんなで上がり、線香花火をしました。今年初花火。楽しかった。爽やかな企画をありがとうね。

 今回、ライブの受付をしてくださった杉田ハルカさんは浴衣姿でした。手元だけ撮らせていただきましたよ。夏っぽいね!

 MさんとRさんの線香花火もいい感じでした。ふふふ。ボクはぽとぽと落としてばかり。

—–

 花火を終え、さらにセッションタイム。飛び入り歓迎のゆるやかな時間。いいですねえ。

 下の階のお店でのライブ出演後に観にきていらした秋名ミカヅキさんがサポートギターを買って出てくださいました。7/23にEl Mangoで行われたれなさん主催のライブで、れなさんの歌のギター演奏をなさっていた方です。聴いたことのある曲はだいたい弾けてしまう、魔法使いのような超絶技巧に惚れ惚れしておりましたよ。

 贅沢な時間を堪能させていただきました。すてきな音楽との出会い。れなさんに心から感謝しています。ありがとうね。

 帰りのこともあり22時半には失礼しましたが、その後も楽しく続いていた模様。今度はもっとゆっくりじっくり過ごしたいものですぞ!