ひるめし食べながら

来月の半ばには、今の会社で働き始めてから丸3年になります。早いものです。右も左も判らなかった初めの頃は『いつまで続けられるのかな?』と思うこともありましたが、どうにか私にも居場所があったようで、気楽に勤めております。変わったのは同僚の顔ぶれくらいか。数ヶ月ごとに誰かがいなくなるので…。

つい先月にも、私と同じ日に入社した(年齢は全然違うけど)同僚が辞めていきました。ちなみに私がその事を知ったのはGWを過ぎてからで、社内報を見て初めて気づいて、慌てて同僚に「ねえ、○○辞めたの?」と確認したのでした。いわゆる「飛び」という、失踪同然の状況で辞めていったらしい。楽しそうに仕事していたように見えたのになぁ…。部署も違うし先月末の忙しさったらなかったとはいえ、いなくなった事が全く分からなかったとは。「その手の情報はイチバン速そうに見えるのに」と言われたけど、関心が向かない事にはサッパリなんですよ、私。ただ、彼にはなむけの言葉を何も言ってやれなかったのが心残りではあります。

今月始めに出来た大通界隈のスープカリー屋さんで同僚たちと昼食を摂りながら、そんなことを思ったのでした。