なか卯にて

久々にカレーを食べた。以前札幌駅地下街でカレーを食べた時は、ご飯にルーをかけただけという驚愕の内容に失望して二度と食べるのはよそう、と思っていたのだけれど、今回は「ビーフ」がカレーの前に付いて「ビーフカレー」となっているから、まぁ少しはマシだろう、と若干の期待を胸に注文してみた。

結果は、ルーにビーフの角切りが数点入っていただけ…。他には一切の具も無い。これじゃ自衛隊の戦闘糧食のカレーの方がよっぽど豪華じゃないか。これで420円も取るのか(大盛りを食べたがフェア中で少し安くはなっていたが)。せめて少しでも野菜が入っていればまだマシなのに。ああガックリ。もしも野菜の準備が大変なら、ビーフじゃなくて豚どんぶりの具をそのまま入れれば十分商品になるじゃないか…なぜやらないのだろう。札幌駅地下街で食べた時には「肉入り」なるトッピングもあったので、十分メニュー化は可能だと思うのだけれど。何かそれを妨げる理由があるのだろうか。謎だ。