DVDプレイヤー購入

DVD焼きをしていて思ったのは、「使える」ソフトも自分の中で確立出来ておらず、まだまだ試行錯誤が多い状況だから、DVD-Rにいきなり焼くんじゃなくて、DVD-RWで何度も試したほうがいいだろうということ。今までPS2でDVDを見てきたのだけれど、ここらで専用プレイヤーを手に入れようと思い立ったのだ。

もちろん、DVD±R、DVD±RWをフツーに見ることの出来るタイプが良い。もろもろ検討してSHARPのDV-SF80Pを購入した。つらつら関連サイトを覗くと初期不良も見られたようだが、価格が安いのが何より魅力的だ。仮に動かなくとも、ニュークラブ一軒に飲みに行ったと思えば大したことでもない…。と強がりを言っても心配ではあったが、買ってから確かめてみると幸いきっちり作動するようでひと安心。思った以上に操作性も良く、めっけもんだったと思う。ちなみに、DVDレコーダーは、私にはまだ高根の花である。この点世間様から3~5年はズレている。テレビだってもう10年選手で、D端子なんていったい何のこっちゃなのであります。

で、DVD焼き用のソフトとしては、7月から使い始めた「Drag’n Drop CD+DVD4 Power Edition」*1が、どうもあんばいが悪い。進捗98%くらいのところまで行って、なぜか動きが止まってしまうのだ。8時間くらい放っておいてもダメ。9月に出たパッチを当ててもダメ。同じ内容をCyberlinkのPowerProducerでやったらあっさり出来るのになぁ。不思議だ。ならばPowerProducerを使えばイイじゃんとなりそうだけど、そう旨くはいかないようで、「Play All」の指定をしたいのに出来なくて四苦八苦している。現状はひとつファイルの再生が終わったらメニューに戻ってしまい、ちょいとめんどくさい。これの改善さえ出来れば、常用ソフトにしようと思っているのだけれど。