幸あれと願う

294が活動休止していたのを今頃になって知りました。

一度も生で見ることは無かったけれど、ブログへのコメントをネット上の番組で読み上げてもらうという形での、テキストの世界においての触れ合いはかつて確かにありました。

どうか、彼女たちのこれからが幸せでありますように。唯一取り寄せて購入したDVDはこれからも大切に、時折観ようと思います。