すまーとふぉんのきょうふ

通話が終わる時急ぎで対応しなきゃならないことが起き急いで胸ポケットに入れたiPhone 4。スリーブボタンを押したつもりが出来てなくて、何の拍子にか2件ほど電話を掛けてしまっていた。それはだいぶ経った後で履歴を見て初めて分かったこと。

直後、胸から「もしもしー、もしもしー」と音が響いて青ざめた。急いで打ち合わせの席を中座し、間違い電話を詫びた。

参ったね、起動したままだと胸ポケットの布地の湿気でどんな操作が為されてしまうかわかったものではないぞ。

たまたま会社関係の身ウチ宛の発信だったからどうにかなったものの、イカンです。今後は気をつけよう。