気の早い大掃除・序章

プリンタの箱を取っておこうと思ったのが発端で、部屋の押入れに入れようと思ったらギッシリ色々入っている。今日は休みでもあるしこの際、不要なモノを片付けて場所を作ろうと思ったのです。気付いたらちょっとした大掃除みたいな状態。

札幌に住んでいた頃は3LDK(ボロいアパートでしたが)の中で自由気ままに暮らしていたのですが、今は実家の一室。引越しの際に相当手放してきたものの、苫小牧に6年住んで思った以上にがらくたが増えてしまっていたのですね。

3年使わなかったモノは問答無用で捨てる、1~2年使わなかったものはちょっと考える。を基準に、まずはフロッピーディスク関連を全廃。カセットテープを捨てることはちょっと考えたけど、今回は見送り。ビデオテープもまだまだ保持。お絵かき用タブレット、廃棄。プラモデル製作用のエアブラシ、廃棄。ノートPC用の冷却台、廃棄。大昔のケータイの箱など後生大事に取ってあったあれこれ、廃棄。ダンボールひと箱分と30Lゴミ袋2つ分ほどの容積が空きました。燃えないゴミの日に引き取ってもらえなさそうな古いCPUやら冷却ファンなどひと抱えはさきほど、市内のスクラップ屋さんに持ち込み引き取ってもらいました。有難し。

ひとまず今回はここまでとしましたが、そのうち心の片づけモードがまたオンになったら、一気にモノ減らししちゃうかも。