余韻

半島を出よ (上)

半島を出よ (上)

半島を出よ (下)

半島を出よ (下)

2005年に出た村上龍の「半島を出よ」。最近文庫化もされましたね。遅ればせながら、上下巻を先日図書館から借りてきました。ゆっくり読んでいたのですが、状況が佳境に入ってからは没頭して読み進み、さきほどようやくエンドまで辿り着きました。

暴力のナマナマしい描写も多く決して爽やかな読み味というワケではないのですが、それだけに近未来の悪夢のようなリアリティが迫ってきます。被占領下で暮らすことの異常さ、理不尽さがまざまざと想像出来て恐ろしかった。さまざまな視点から綴られるエピソードを経た末に少年たちがあんなコトをしてしまうクライマックスには、ほろ苦いカタルシス(矛盾してる?)が得られて、もうたまらない気持ちでした。

色々と関連情報をネットで見てみると、どうやら日韓合作で映画化の話が進んでるみたいですね。原作をなぞるだけでも十分映画的だと思えるだけに、どんな映像が観られるのか非常に楽しみ! ちらと日本のアニメでも観てみたいなぁ、とは思いましたけれども。