確定ヲ申告セリ

今日の午後はお待ちかねの確定申告へと出掛けた。必要書類は先週末までに整っている。

駅前のビル内に受付会場があって、中に人はまばら。職員の方が多く手持無沙汰という感じだ。さすがに平日の昼間は人が少なくていいね。と思ってたら自分の後にワラワラと人の群れが湧いて出てきたので、たまたま良いタイミングで入ったに過ぎなかったようだ。

実は事前に個人サイトみたいな所で計算してみたら、数千円も戻ってこない結果が出てちょっとションボリ。だからプロにきちんと指導してもらおうと思っていたのだ。

受付はフランクなと言うか、いささかぶっきらぼうなオジサン職員だったのでやや鼻白んだものの、「ボクe-Taxわかんないすよ?」とのたまう若手職員に対応を引き継がれるにあたって、『ああ、きっと元々がこういうお役所なのだ』と自分の心の許容度をMaxにして臨むことにした。

気持ちをラクにしてみれば若手職員氏の対応は随分と親切に思えたし、アレコレと確認しながらも結局はほとんど最後まで入力から提出までの面倒を見てくれたしで有り難かった。どうにか5ケタは戻ってくると分かり、家計節約モードの折には嬉しい。

f:id:mashuu:20080128214921j:image:left

ちなみにe-Taxは住基ネットのカードを入手した上で読み取り用のマシンを自宅なり事業所に備える必要もあるらしい。だけどそんなモノは一切持ってないから、今回は「お試し」ということにして作業させてもらった。私のようにノホホンと来てこんな形で申告してる人も結構いるようだ。それで済むならそういう制度にすればイイのにと思ったけれど、e-Taxを推進しなきゃいけない都合もきっとお役所にはあるのだろう。個人にとっては手間ばかり掛かるような気もするけど。ねぇ、ちぃちゃん。

最後に「住基のカードがあれば来年の申告の時は便利ですよ」なんて言われたけど縁起でもない、もう定年まで個人じゃ申告したくないですってば(苦笑)。