しあわせな木

勘違いでなければ、先日読んだ新聞の記事に出てたのは市立図書館の前にあるこの木だと思う。このエゾヤマザクラの種が夏あたりに宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」に送られて、宇宙で時を過ごすらしいのです。地上に戻ってきたら大切に育てられ、いずれは苫小牧にもひと株くらいは帰ってくるのでしょう。「宇宙桜」とか「きぼうの桜」とか名づけられて市民に公開、ってところかな。ここのところ殺伐としたマチにあって、久々に夢のある良いニュースだと思った次第。枝先のまだ膨らみもしないつぼみをそっと撫でてきましたよ。