7/14 日本セーラー女子団 劇場公演

  7月14日。休みのタイミングが合いまして、さくら劇場へ行きました。セーラー女子団の通常公演です。

002 004

 割と余裕を持って苫小牧を発ったのですが、久しぶりに札幌へ行ったのでつい色んな所に立ち寄ってしまい開演時間に8分遅れました…。着いたら「真剣音楽」の終盤でした。

 エレベーターの中には6月度ランキング1位の兼村星七(てぃな)さんのポスター。おめでとうございます。みんなにチャンスがある、ということですね。色んな想いがあるでしょうが、私としては切磋琢磨が真っ当に報われる環境であればそれが一番いいなあと思います。

 なぜか偽りの記憶があって今月一回行ったような気持ちになっていたのですが、振り返ってみると6/26の候補生公演以来行っていなかった。7月に入ってからのセットリスト変更。約二週間に渡る、体調不良などによる出演メンバー数減少。それらの状況を目の当たりにすることなく過ごしていたのです。

 活動を始めてしばらく経つユニットが直面する葛藤、いわゆる”三ヶ月の壁”をメンバーがどのように感じているのか、どう克服しようとしているのか。それを14日の公演で見てみようと思ったのですが、あらま、8人居る。さえさんあささんお帰りなさい、の日だったのですね。ほぼ週末限定の星野はるさんが平日いないのは既定事項だし、春川そらさんが居ないのは気になるところではありますがいずれ戻るとTwitterで公言していますし6月までにもよくあった出来事ですし、要するに平常運転に戻っているのですね。もちろん喜ばしいことで異論はございません。

 改めて、公演は素晴らしいものでした。構成に変化があり、寸劇パートの分割は非常に効果的だと思います。以前は単に「対義の大義」の前フリだと思って観ていたのですが、分割後は公演を貫くテーマがより伝わり易いようになっています。工夫しましたね。後半、圧巻の「勝利の雨」。集団でのダンスがぴったり合っていて気迫を感じます。見続けた人に陶酔すら感じさせる真剣さが迫力を帯びて伝わります。アンコールを経て、懸命にかつ楽しそうにメンバー全員で歌う合唱の味わい。つい表情に見とれてしまいます。そして「君が世」のしあわせな旋律と歌詞で未来への希望を提示し、余韻を残して終わる公演。本当に素晴らしい。

 今回、サポートに入った候補生の明日香美華さん。機敏な動きにしっかりした歌声、ブレのない視線で安定しているなあ、良かったなあと思っています。いずれ、成長した姿を候補生公演で見てみたいところですよ。

 久しぶりに惚れ惚れする公演内容に接して、すっかりいい気分になってしまい出演メンバー全員とチェキを撮ってしまいました。こんなの初めて。ちなみにチェキは1枚500円です。他のグループは大抵1000円以上ですから、お得でしょ。

 みんな可愛くて、繊細な感性があって、今日が明日にもあるとは限らないことを知って、箱推しになってしまいそうです。あ、改めて書いておきますがボクの女子団ファン内立ち位置としてはれなさん単推しですよ。そんなこと知ってるって? 失礼しました~。

 では、地方在住のまに来るっさん(TO)の主観による勝手な印象をチェキに添えてご紹介申し上げます。

006

 兼村星七(かねむら てぃな)さん。背番号20、セーラーマシンガンズ。ようやく、直接「6月1位おめでとう!」と言えました。6/4の撮影会でお撮りしてからもうひと月半なのに、ついこないだみたいな気持ち。学校祭を終えたばかりとのこと。いい意味でJK期特有の万能感、躍動感があります。率直に申しましょう、すっごく可愛いです。これからもドンドン自分の道を切り拓いていって欲しいなあと思います。

005

 三月(みづき)あささん。背番号15、セーラーマシンガンズ。ちょっと前に髪を少し切ってボブヘアーになったんですよね。直に会ってより可愛さが増した! と思います。笑顔が可愛らしい。ほんわかしているところが変わらぬ魅力。ペンを忘れててぃなさんのを借りていたところも彼女らしくて微笑ましい。また彼女の笑顔を撮りたいな~。

010

 小枝咲笑(こえだ さえ)さん。背番号8、セーラーマシンガンズ。見れば見るほど、まじめです。それゆえに、繊細です。声が出づらくなったり、聴こえの不調があったりとここ一年の頑張りが体調に影響を及ぼしたのでしょう。少しずつ癒やして僕らの前にずっと居続けてください。そう願っています。彼女の熱心なファンがもっと増えますように。と思いつつも、若い人ならきっとガチ恋になっちゃうんだろうな…。と思えてしまう可憐なお人。ボクがもっと歳を取って動けなくなったら介護してくださいお願いします。

012

 愛川(あいかわ)ひかりさん。背番号1、セーラーマシンガンズ。セーラー女子団のリーダー、ひかりーダーです。彼女が安定点であり、防波堤でもあるのでしょう。人によっては鬼上司のように思われているかも知れませんが、きっと彼女の中でも葛藤があるはず。どこか僕らの見えないところでストレスを放出して程よい熱量を維持していっていただけるといいなあと思っています。全然脈絡ないですが、雨の中とかひなびた温泉宿とかで、水の滴をまとう姿を撮影してみたいお人です。もしくは体操着姿もいいだろうなあ。…この辺にしとかないと雷が落ちそうですね。

013

 鈴森花音(すずもり かのん)さん。背番号7、セーラーテロリスト。メンバー屈指のロリ属性の持ち主。ボクの顔の半分くらいしかないですね。7/14はフランスの革命記念日で巴里祭(パリさい)とも言うんですよ、って伝えたら「歴史苦手ですぅ~」と苦笑いする彼女がとても可愛らしくて良かった。彼女の声を活かしたロリっぽいパートのある曲が与えられることを願っております。カラコンのせいなのか目の調子があまり良くないようですね。症状がひどくなる前に早めの受診&治療を! 

008

 三浦真代(みうら まよ)さん。背番号99、セーラーテロリスト。これまではパワフルな面を全面に出して頑張っていたよね。ちょっと疲れも出た時期だったかも知れないね。髪型が変わって、ゆるいパーマが掛かってよりフェミニンになったと思います。Twitterに載せる自撮りが日に日に美しさを増しているのに気付いている人も少なからずいることでしょう。さなぎが蝶になるように、少女から大人の女性へと変わってゆく過程を今ぼくらは目の当たりにしようとしているのかも知れません。今は色々と模索中だと思います。どれだけ時間が掛かっても、さくら劇場の中で自分が輝くところをしっかりと見つけられますように。

009

 藤堂美咲(とうどう みさき)さん。背番号70、セーラーテロリスト。セーラー女子団に世界進出があるのならば、要(かなめ)となり軸となる人。もっと先にあるもの、目指すものが見えているからブレのない人。と、思っているのですがおっちょこちょいなところもあって楽しいお人です。最近顎のラインがすっきりしてきて美人度が増しているように思います。自撮りが上手くなったからかな? アジアン・ビューティーをいつか私服で撮ってみたいところ。アオザイとか似合いそうだな~。

011

 久保田(くぼた)れなさん。背番号4、セーラーテロリスト。メンバーが少なかった時期にほぼ出ずっぱりだった日もあり、公演クオリティの維持に思い悩む日々であったと思います。身体に負荷が強いられたのでしょう、彼女も聴こえの不調を招いてしまいました。耳の負担になるのもいけないなあと思い、いつもならお願いしている1分間トークは遠慮してチェキのみに留めました。

 僕には見えない、彼女の背負うものが色々とある。れなさんはブログで明かしてくれました。プロとしては明かすこと自体に迷いも戸惑いも苛立ちすらもあったことでしょう。彼女の歌い踊る姿をいつまでもステージ上に見ることが出来るなら、全ての彼女の気持ちを受け入れたい。いや、それはおこがましいこと。全てを理解することなど出来ません。だけど目をそらさずに寄り添いながら彼女の夢を応援していきたい。そう思っています。

 チェキはようやく見つめ合って撮れました。前回のリベンジ成功です。しかし緊張したなぁ~。久しぶりに会う彼女はやっぱり可愛くて、けなげで、大好きです。

014

 800円で売られていた、公演内で歌われている楽曲の歌詞集。本当はアルバムCDが欲しいところだけど、いずれ手に入る6/18公演のDVDを観ながら歌詞を確認するのにちょうど良いアイテムです。

 読んでみますと「憂鬱テロリズム」の歌詞がこんなに官能的だったとは思いませんでした。好みの旋律に心奪われてばかりで、きちんと聴けてなかったなあ、歌詞を味わえていなかったなあと反省しきりです。次回は心して聴きましょうぞ。

008

 終演後は初めて、同地での「さくらダイニング」に臨みました。食事しながら、登別アンクルさんご夫妻やはっしーさんと少しお話しました。楽しいひと時でしたよ。

010

 スタッフのちーはるさんが作ってくださったんでしょうか、ナポリタンスパゲティ美味しゅうございました。

012

 念願のカタラーナ。美味しゅうございました。冷凍して堅くしたプリンに黒蜜が乗っているような感じの食べ物でした。

コメント

  1. ましゅう より:

    春川そらさんは7/17に公式Twitterを通じて契約満期による脱退を発表。
    18日にラストステージとのこと。