近況(2018年3~5月)

 ブログも書かないでいると、日々の暮らしの中で締め切りがあるでなし、写真撮影をして掲載の必要があるわけでなし、自分自身にその意思がないといつまでも放置してしまうものですね。

 というわけで、書く気になった時を逃さず、久しぶりに書きました。しかし雑文です。

—–

 2017年末からのPCの不調と復調の話は、PCの調子が落ち着いたと思った頃にとあるHDDがダウン寸前になったという出来事がありました。予兆を察知してからのサルベージ、という内容で書こうかと思っていました。

 しかし半年近くが経ち、どんな要素を書き残そうとしたのか。残したクリップもどんな意図であったかすら忘れてしまいました。HDDはひとまず、一度稼働を止めて、どこにも繋がず静的保存をしております。サルベージが叶わなかったデータにはもはや固執しません。

—–

 オーディオビジュアル関連の話は、2017年春に4Kテレビを買って以降のことを、稿を改めて書きます。未だDolby Atmos 化は出来ていませんが、5月に買ったもののことを書き残しておきたくなったのです。

—–

 私生活面では、昨年秋から入退院を経つつ闘病生活を送っていた父が、4月に肺がんで亡くなりました。直接であったり、電話であったり、TwitterなどSNSを通じてであったり、弔意を示してくださった知己の方々には感謝するばかりです。本当にありがたいことです。

 肉親の死に接してさまざまな想いはありますが、ここに書くことでもありませんね。心の中に留めます。私自身の死生観にも大きな影響を及ぼしていますね。人は永遠には生きられない。今ある環境はいつまでも当たり前に存在するわけではない。そういうことなのですね。

 6月の四十九日法要を無事に終えるまで、日帰り以外で遠出はしないつもり。実際、5月半ばになってもあれこれと手続きがあるもので、休みの日になっても苫小牧からあまり外に出ない暮らしです。せいぜい西胆振方面くらい。まぁ、正直、あまりパァーッといこう、って気分ではないですね。

 6月中旬以降は、精進落とし(?)がてら、札幌方面へ飲みに出たいところです。

 庭の八重桜は5月12日ころ満開になりました。未だに2016年春の剪定から樹勢が回復しておりませんが、咲く花は変わらず美しいと思います。