特異日

25日、札幌は春とは思えぬ吹雪模様でした。と、いう気象上の出来事とは関係なく、私の今日の一日は、もし全能の神サマあたりから「過去のいつでも好きな日に戻してやろう」と言われたら絶対に外しておきたい日、でした。前置きが長いか。

出来事を思い起こすと…、朝からクレーム処理に忙殺されたこと、今日を逃すと3日遅延する業務が結局遅れたこと、極めつけは夕方からの仕事で持って行ったカメラを落として壊したことです。ゲリラ撮影しながら、ススキノ交差点のマ○クに入って女のコと撮影スタッフの食べ物代金を持ちましょうと鞄から経費を取り出した時、あろうことか肩から下げていたはずの一眼レフカメラが、スポーンと腕を抜けて、後方へと勢いの良い音を立てて着地。思わず「あああ~」って声を出してしまいました。すっかり気落ちしながらもなんとか仕事は終えたのですが、ホントにがっくり。いつもカメラはしっかり首から下げているのに、こういう日には、狙いすましたようにこういうことが起きるのですね。ま、帰社してから、スペアのレンズに換えてなんとかなったのですが、上司から「これ壊したらもう使えるカメラないからね!」とお叱りを受けました。

ともあれ、こんな日は、無事に帰宅出来ただけでも良しとしよう。

もしかして、土曜あたりパチれば素晴らしい結果が見られるかも…なんて思い描きながらも、明日は朝から仕事で、そんなことはしていられないのでした。チャンチャン。