GWも今日までか

札幌に帰ってきました。体がだるいのは少しずつ直ってきたけど、昨晩から始まった頭痛がなかなか収まらない。ま、早めに眠って明日から再び始まるたたかいの日々に備えよう。

  • GW中に読んだ本

[rakuten:book:12047244:detail]

実家近くの書店に行った時に手にとって立ち読みし始めたら、とても立ち読みじゃ済ませられなくなり、購入しました。札幌医大の先生がまとめたもので、ご自身が集められた調査結果を始め詳細なデータに立脚し「核爆発災害」について考察されています。冒頭で、昭和20年広島での核分裂兵器の爆心地直近にいて助かった人たちがなぜ助かったのかが科学的に分析されていて、その静かな文体に当時の状況がまざまざと想像出来て、戦慄を覚えたものです。

広島、長崎は空中爆発だったので核の灰は存在すら意識されなかった。が―――ビキニ、セミパラチンスクなどで実験された地表核爆発では多量の核の灰が出た。現地での調査をもとに、起こりうる事態と防護方法についての考察が記されています。もちろん起きて欲しくはないけど、何が起こりうるかは知っておくべきでしょう。興味のある方はぜひ。