UDON

前半の畳みかけるような展開に引き込まれ、後半のせつない展開にしんみりしつつ観ました。もちろん都合良すぎる展開こそがたまらんのです。「サマータイムマシーンブルース」好きのココロをくすぐる場面もありましたね。

この作品の小西真奈美はずい分と魅力的でした。ってか、喜多善男の主要メンバーいっぱい出てたのね。公開当時ススキノの映画館でやってたのを観ておけば良かったなと、今頃になって地団太踏んでる次第。