タマらない話

年がら年中GWなワタクシでありますが、今日は午前中に市内で所用があり、それを済ましたら突然炎のごとく温泉に行きたくなってしまいました。源泉かけ流しの湯が私を呼んでいるゥ~。というワケで、いつもの郊外温泉へGO! 自転車で20分、ひとっ漕ぎです。

f:id:mashuu:20080430142357j:image

まだ桜のつぼみも固い我がマチですが、人家もまばらな辺りに来ればホーホケキョとウグイスのさえずりが聞こえて何とも春らしい。牧草地も少しずつ緑色が増えてきた感じです。と思ってケータイで撮ったのが上の写真。水平も取れていなければ構図も中途半端、なのにはワケがあるのです。

その時、私は体に異変を感じました。はっきり書くのは何ともためらわれるのだけれど、撮影しようと自転車を降りた途端、股間の感触がおかしいことに気付いたのです。タ○及び本体が体の中に入っているような感じ。焦った。こんなの初めて。その場で跳ねてみても変わらず、上から叩いてみたりさすってみたり、引っ張ってみたり。なんだか下腹が痛くなってきた…。

時間にして数十秒だったでしょうが、ふと我に返り慄然としました。状況としては、道端でいい年した男が一心不乱に股間をいじくっているワケです。人里離れた所で行き交う車も無かったとは言え、誰かに見られては男子一生の不覚! 急いでその場を離れて温泉へ向ったのでした。

温泉の脱衣所に入って恐る恐る確かめてみると、ちゃんとあるべきモノはありました。本気で心配しましたよ。多分、久々にサドルに跨りハッスルして漕いだのでシビれちゃったんでしょうね。ホッ。

すっかり尾籠なハナシでした。失礼。

ちなみに脱衣所で体重を量ってみたらば、結構減ってました。食生活の改善と散歩が主要因だと思いますがこの半年で8キロ減。嬉しい。半年後を楽しみにこのペースでやっていこうっと。