大奥

本日休み。散髪後は古書店をプラプラと。

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

よしながふみ作「大奥」。先日札幌に行った際BOOK OFFにて何気なく手に取ってみたら、実に素晴らしいSF作品で驚いたのです。その時は時間がなくてほとんど斜め読みで済ましたのですが、今日はじっくりとその世界を堪能しました。一気に初めから通して読める幸せに感謝。

あり得たかも知れない、いや平行世界と言うべき、男女逆転の江戸時代。5巻は古書店に無かったので、新刊を買ってきまして先程読了しましたよ。刃傷松の廊下がああなっちゃうなんて、生類憐れみの令があんな形で出るなんて。儚くも哀しき人間の業に目が釘付けです。

大奥というからにはこれから吉宗の治世での出来事やら田沼時代、黒船来航から大政奉還に至るまでじっくり描いてくれるのでしょうね。とても楽しみにしてます。