6.0ch化(←中途半端)

今日の札幌は朝から雪がもっつもつ降っていて、帰れなくなったらイカンと思って午前中には帰路に就きました。立ち寄ったのは我が心のオアシス、ヨドバシだけ。映画を観る気は起きませんでした。あ、昨日はGANTZ観ましたよ。映画版ならではの謎がいっぱいで、4月の続編が楽しみです。

ヨドバシで考えていたこと、それは我が盆栽ホームシアターを5.1ch化するなら選択肢はどう考えれば良いのか、の一点。DENONの5.1chスピーカーユニットもPioneerのも実にイイんですよ。コンパクトだし。でも、お値段もちょっとする(とは申せ、性能に対して十分安価な製品だと思ってます)ので、グッと堪えてここでは買い物に至らず。

いや、活路はあった。帰りがけ、恵庭のHARD OFFに入ってみたのです。そうしたら、10年前の5.1chサラウンドセット(Pioneer製のDVD搭載スマートシアターシステム「HTZ-33DV」)がジャンク品として陳列されているのを発見! こういう出物を求めていたのです。数千円だし、インピーダンスも手持ちのAVアンプの要求仕様に合うしで即、購入しました。これなら仮にどこか失敗しても痛くない。DVDデッキは使うつもり無いので関心も無いですが、小型のサブウーハーがアンプ非内蔵にてそのまま繋げないのはチト残念。

5年ほど前に買い、札幌からの引越しまで使っていたセンタースピーカーを押入れから引っ張り出し、再登板させました。これにて、6コのスピーカーとサブウーハーゼロという状況で6.0ch化を成したのであります。

f:id:mashuu:20110201213800j:image

とりあえずサラッと聴いてみましたが私の耳に何ら違和感なし。「プライベート・ライアン」の音響はバーチャルでは味わえない素晴らしいものです。く、もっと早くこうしておけばなぁ…。渡り廊下走り隊7のバレンタイン・キッスPVも擬似サラウンドで心地良い。実にイイ買い物をしました。

さて、これからの課題はフロントサラウンドスピーカーとの共存をどう図るかだな……。楽しみ尽きません!

バレンタイン・キッス(初回盤B)

バレンタイン・キッス(初回盤B)

 

↑ちなみに買ったのは初回盤Bのみ。(ユニットの一員として)小森美果の歌う「パジャマドライブ」は手元に置いておきたかったのです(キリッ)。表題曲のアレンジは元気良くて惚れぼれしちゃいます。もしやこの流れは、いずれおニャン子曲のカバーしたりするかな? そんな展開をば仄かに期待しちゃってます。

♪朝もやの極道~ (←いろいろ違う)    おやすみなさい。