6/26 日本セーラー女子団 候補生公演、正規メンバー公演

 6月26日(日)夕方。雨の上がったススキノへと参りました。自分としては初めて観る、日本セーラー女子団の候補生公演&(短めの)正規メンバー公演です。

003 005

 エレベーターの右横にチラシが貼ってありました。B5サイズ? もっと大きなサイズで貼らせてもらえたらなあ、とは思うけれどなかなかに難しいのでしょうね。

—–

P1010548151,71000160604

(↑6/4撮影)

 髪を少し切って、よりショート度が増した久保田れなさんと交流会ではチェキも撮ったんですが、髪の長さを見せてくれるためにまっすぐ見上げてくれた彼女の顔が間近に来てしまい、私照れてしまってあらぬ方向を向いてしまいました。素直に見つめ合ってれば良かったとシャイな自分を反省。短い時間の交流であっても色んな工夫をして接してくれるれなさんの心意気に頭が下がります。

P1020063_

 その後に撮った候補生の望月希美奈さんとのチェキにはやや余裕が見える。まぁそれはともかく。何度かアンダーで出ていた公演でもかいま見えていた希美奈さんのフレンドリーさは、今後正規メンバーになってからも活きてくるだろうなと思う。まっすぐ育って欲しいなと願うものです。書いていいものかどうか、きっと希美奈さんはあと一年くらいしたらもっとずっと色っぽくなる。そんな素地を持っているという予感めいた思いがあります。清純さと肉感的なところが同居する妖しさが出てくるんじゃないか。なんてことをひそかに思いながら喋ってたら、ポイントカードにハンコ押してもらうの忘れちゃったや。アホですねおいら。

006

 候補生公演の感想を、あえて初めて観た客目線で書きます。あらかじめ、専門家でもないのに偉そうに書いてごめんなさい。基本的には楽しかったんですよ。

・出てきた3人の仲が良さそうな感じがしてとても良い。候補生4人のうち1人が公演に不参加ではあったが、少なくとも3人は協同して公演を創っていこうとする意欲が見える。これからもっと良くなっていくだろうなという展望が持てる。

・おひとり、まだ動きがぎこちない。ちらちら他の2人の振りを見ている。自信が持てないからか動きに伸びやかさも機敏さも欠けていてダンスの迫力が出ない。

・何を言っているのかよく聞こえず、歌詞の内容が伝わってこない時があった。

・ストレートロングの2人は、試しに一度髪を束ねて公演に出てみたらいいのではないか。髪が流れてダンスの出来に影響を及ぼしてはいないか?

・ステージに上がる時、下がる時、もっときびきびと移動した方が観ていて気分がいい。ちょっとした動きのメリハリでやる気が伝わることがあると思う。

—–

 候補生公演後の正規メンバーによる公演は短縮版でアンコールもなく、19時15分頃には終了していました。これはきっと、20時までに交流会を終えて候補生たちを帰すための編成なのでしょうから異論はございません。正規メンバーも日曜は少し早く帰れるとあればモチベーションも上がるでしょう。そこで思ったのです。一歩踏み込んで入場料金を半額にしてみたり、入場料金はそのままとしても例えばチェキ1枚無料(実質500円の割引)としてみたりするのはどうでしょうか。来場者の増加に繋がるプロモーション効果も出てくるように思います。

 素人考え失礼いたしました。