DVD焼き用ソフトのコト

14時過ぎ起床(苦笑)。ふと思った仮定を立証するために、寝る前にDVD焼きをセットしておいたら、約2.5GBが2時間で完了していた。寝る前に1枚ディスクをムダにするつもりで焼いた1GB未満のDVDビデオ作成が30分ソコソコで出来ていたことからも、「Drag’n Drop CD+DVD4 Power Edition」の性能自体はなかなかなのだが、もろもろやってみてわかってきたことはコレだ。

・進捗状況を示すウインドゥを最小化した後再び開くと、その時点で作業が停まる(!)

・そのウインドゥをいじらなければ、データの多寡にかかわらず作業は無事終了する

・「オプション」での設定項目が(なぜか)適用されず、せっかくチェックを外した「シークの高速化」が生きたままで作業されてしまい、画像と音声のズレを解消出来ない

なので、要望は以下のとおりとなる。

  1. ウインドゥをいじった時に動作が不安定にならないようにする対策
  2. 「オプション」での設定の強力な保存および、作業中にいつでも確認できるようにする対策
  3. (できるならば)簡単に「画像と音声のズレをなくす」ボタンを作るか、「シークの高速化」チェックのOFFをデフォルトにする

ふぅ。あともうちょっとですごく使いやすいソフトになると思うので、ちょっとアツくなって書いちゃいました。