U▽Me

買い物で街に出たついでにタワレコに寄り、初回限定版があったので購入してきました。ラッキィ。

「U▽Me」は、心地よいサウンドに身を任せていたらいつの間にか曲が終わってるような、穏やかなポップ。この路線ホントたまりません。いつか曲が溜まってアルバムを企画するでしょうけれども、第2期メンバーでのこの歌のリテイクもあり得るかな。ちょっと聴いてみたいところ。

PVが収められたDVDについて。このユニットのコンセプトとして、不用意に笑顔を見せないスタイルを貫こうとしていると分かりました。プロジェクトの発展段階のどこかでそれは破られたりもするのだろうか、というのも気になるところです。場所はコペンハーゲンで撮影したんですね。「U▽Me」のみが入っていて同じタイミングで撮影したであろう「a little crying」が入らなかったのは何か思惑があっての事かな? 当時のいきさつを詮索しても仕方ないけれど。ちなみに、なぜか音量が小さく近頃逆に珍しいなと思います。

※「▽」はハートマークです。PC上での記述に難のあるタイトルですが、曲の良し悪しとはカンケー無い

駆け足で2枚のシングルを聴いて思ったのは、どうかこのユニットが注目を集め商業的に成功し、プロデュースサイドのやりたい事が少しでも多く実現しますように、という事。好きなジャンルの音楽に包まれて過ごしたい、いち個人の願いであります。