「M君への私信」

「ここ数ヶ月会えていないM君、元気にしてますか。いつか必ず読んでくれることがあると信じて、書いてます。

2011年7月苫小牧のイベントで初めて見たユニット(その時は物販できるグッズもなくて、とにかく長く話してくれたものさ)に興味を持つようになり、劇場へ足を運び出した僕からの誘いについほだされて、初めて一緒にライブを観たのは9月だったか、10月だったか。初めから、キミは夢ちゃん推しだったよね。なかなかライブに行けないからって、放送局だけは第一回から欠かさずにパソコンの前から参加していたね。いつでもキミの視線は夢ちゃんに向かっていました。永く生身のアイドルから遠ざかっていたのに、あっという間に場に馴染んで楽しんでくれていたこと、とても嬉しく思っていた。それは、想いにマジメに応えようとしてくれていた夢ちゃんのけなげさのおかげだったと思うんだ。

その夢ちゃん(とまやなちゃん)が、今日、2012年2月14日をもってWHY@DOLLから卒業してしまったよ。僕は12日に会ったばかりで、夢ちゃんと「背のびたんじゃない?」「ヒール履いてるからー」なんて他愛無い会話してたのさ、お気楽にも程があるね。13日の午前中に活動休止の一報が入ってそりゃ驚いたけれど、もしかしたら謹慎扱いに近いものでいつかは戻って来られるのかも、なんて思っていた。でも、14日になって「卒業」とはっきり告知があったよ。http://www.cradle-records.com/20120213yume.html(このリンクがいつまで保存されているかは分からないよ)。あまりにも唐突で、何をどう修めた卒業なのかさっぱり分からないよね。脱退、って書いてくれたほうがよっぽど納得出来ると思ったよ。だって、今夜バレンタイン特別公演の日だよ? 月末にはバスツアーも予定されているんだよ? なんで昨日からいなくならなきゃならないの? 出るはずのCDの発売日は未定(今となっては何もかも作り直しだろうけどね…)。見送ることすら出来なかったよ僕たちは! 

どれだけ急いで決めたのか、あるいは急いでこのようにしなきゃならない事情があったのか、僕には分からない。公式発表を信じるしかないから、あの本人コメント(せめて直筆だったなら!)を受け止めるのみさ。自分が退くことで出来る恩返しがある、ってものすごく重い、心情の吐露だよ。彼女の(まやなちゃんも)前途に光があって欲しいと心から願ってる。

WHY@DOLLは当面、さっちゃんとちはるんの二人で存続する。アンダーとしてのC.I.P.Sが公演やイベントを支える。ねえ、本来、アンダーって1stメンバー休演時のピンチヒッターという意味だったろうに、責任重大だよC.I.P.S。来月4日には3人がユニットとして独立してやっていけるかを問う試験公演があって、その準備もあったろうに、宣伝活動もあるだろうに、ものすごい重責だ。だけど、乗り越えなくちゃならないよね。試験公演の翌日以降、三期生(チームクレレコの新人だ!)がどのように加わっていくかは未定だって。

これからの彼女たちについて、僕の予想はふたつだ。一つ目は、めでたくC.I.P.Sの独立が達成された時の話。WHY@DOLLは三期生から2人入れて元通りの人数になり、ユニット名はそのまま、もともとの方針に沿って突き進む。これが現状では一番穏やかな着地だよね。二つ目は、あまり考えたくはないけど、C.I.P.Sの試験公演があまりにも目標からかけ離れたことになってしまった時。3人はC.I.P.Sに留まるも、速やかに何らかの試験を経てWHY@DOLL入りし、5人で活動。この場合、ユニット名は改めて募集するなりして換えたほうがフレッシュなイメージを築き易いんじゃないかな。新C.I.P.Sは三期生のみで固め、新たな展開を図る、と。

悲しんでいてもしょうがないから、こんな想像をしてみたのさ。どうなっていくか分からないけど、まだまだ可能性がいっぱいある彼女たち(夢ちゃんも、まやなちゃんも含めて)だから、応援は続けるよ。きっとやねPも辛い決断いっぱいしたはずだと思うんだ。ま、それも想像だけど。じゃあね!       ましゅう」